くらし情報『HASUNA代表、白木夏子さんの「プライドをもって生きる」ヒント』

2015年1月10日 19:15

HASUNA代表、白木夏子さんの「プライドをもって生きる」ヒント

HASUNA代表、白木夏子さんの「プライドをもって生きる」ヒント

私が作っているジュエリーには、この地球の一部を切り取った宝石と、それを研磨する人たちの心が宿っている

(『女(じぶん)を磨く 言葉の宝石 』P100より引用)

そう語るのは、ジュエリーブランドHASUNAの代表取締役、白木夏子さんです。

胸を張り、プライドをもって生きる
白木さんは著書『女(じぶん)を磨く 言葉の宝石』のなかで自身の仕事に関してこう書いています。

できる限り、現地に赴き、作っている人の顔を見る。これなしでは良いジュエリーを作っていると胸を張って言えない。胸を張れないものを作るぐらいなら、いっそ作らないほうがましだ。

(『女(じぶん)を磨く 言葉の宝石 』P157より引用)

わざわざ自らの足で現地に素材調達に向かう。素材にたいするその誠実な姿勢があるからこそ、この本に描かれる世界が誠実なのかもしれません。

宝石にまつわる12の物語
たとえば拳銃強盗が日常茶飯事というコロンビアで出会った、エメラルド商人が見せた思いがけない優しい行動。たとえば豊かな命の連鎖を肌で感じる、ミクロネシアの小さな島。

かと思えば結婚指輪をつくりにきたショップのお客さんなど。さまざまな場所でさまざまな人たちが暮らしていて、その一辺にふれたときに、言いようのない気持ちが沸きあがるのです。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.