くらし情報『カラダをあたためるテッパンのお茶【あるベジタリアンの食卓】』

2015年1月3日 23:45

カラダをあたためるテッパンのお茶【あるベジタリアンの食卓】

カラダをあたためるテッパンのお茶【あるベジタリアンの食卓】

暑い夏の時期を別にすると、わが家で毎日飲むお茶は三年番茶です。野草茶やハーブティも好きですが、定番はこれ。三年番茶は、煎茶や番茶、ほうじ茶などと違い、新芽ではなく成長した葉や茎を使い、3年熟成させたもの。香ばしくて甘みのあるまろやかな味わいです。カフェインやタンニンが少ないので胃腸に優しく、カラダを温め、リラックス効果も。淹れ方で味が大きく変わる繊細な煎茶と違い、お湯を沸かしたら、やかんに直接茶葉を入れて煮出せばいいという、気楽さも気にいっています。

そしていよいよ寒くなってくると、生姜の登場です。お湯を沸かすときにやかんに生姜をひと切れ入れておくのです。あとは、いつも通り茶葉をくわえて煮だすだけですが、ふんわりと生姜がかおる三年番茶は、よりカラダが温まってなんとなくエネルギーもわいてくる感じがします。

ちなみに、三年番茶だけでなく、ハーブティも生姜入りのお湯で淹れるとひと味ちがったおいしさに。お気にいりの組みあわせを見つけるのも楽しいものです。

今日食べたもの:豆腐しゅうまい
冬は湯気のたつものがいちだんとおいしく感じられます。煮込み料理や蒸し料理は、部屋も暖まるので、一石二鳥。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.