くらし情報『高い抗菌力が決め手。風邪予防にはラクトフェリンを』

2015年1月9日 07:30

高い抗菌力が決め手。風邪予防にはラクトフェリンを

高い抗菌力が決め手。風邪予防にはラクトフェリンを

寒さがいちだんと厳しくなる時期です。でも、カゼはひきたくないもの。うがいや手洗い、加湿器、マスクなど毎日ケアをしている人も多いでしょう。そんななか、最近注目されているのがラクトフェリンです。

ラクトフェリンとは、鉄と結合する性質を持つ糖たんぱく質で、母乳をはじめとする哺乳動物の乳に含まれる成分です。強い抗菌力、殺菌力を持つため、細菌やウイルスの増殖を抑制します。

(「わかさの秘密」より引用)

牛乳や母乳に含まれるラクトフェリン。人間の唾液や涙、血液、胆汁などに含まれています。このことからも身体にとって大事な成分であることがわかります。

腸内環境を整えるはたたき
ラクトフェリンをもっとも多く含むとされているのが、出産直後のお母さんから出る初乳。その量は、母乳に含まれるタンパク質の約10~30パーセントというから驚きです。うまれたばかりの赤ちゃんが半年間ほとんど病気をしないのも、じつはラクトフェリンが関係していると考えられています。

このほか、腸で善玉菌のエサとなり腸内環境をととのえるはたらきも。免疫力アップにも貢献してくれます。

サプリやヨーグルトで摂取
こんなにすごいラクトフェリンなのですが、弱点もあります。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.