くらし情報『間引いた人参とみずみずしい大根【根本きこの島ごはん】』

2015年1月13日 19:15

間引いた人参とみずみずしい大根【根本きこの島ごはん】

間引いた人参とみずみずしい大根【根本きこの島ごはん】

畑の人参と大根の間引きが始まりました。たくさん植えたので間引き菜も大量です。小指ほどの人参は 流水できれいにあらってざるにあげ、いちにち天日で干しておきます。適度な水分が抜け、ますます甘くなります。リヤカーいっぱいの人参の葉っぱは、子どもたちが通う牧場の馬たちのおやつに。柔らかくてさぞかしおいしいでしょうね。

間引き人参はいろいろな漬物にしました。醤油と少しの米酢と鷹の爪で醤油漬け、白ワインヴィネガーとてんさい糖と塩とスパイスでピクルス。ひとくちでぽりぽり食べられる小さな人参。お弁当にもぴったりです。

それから大根。今年は豊作らしく、ご近所からもたっぷり太ったみずみずしい島大根をたくさんもらいました。輪切りにして塩に漬け、水気をぎゅっとしぼったらビンに入れます。ここに米酢とてんさい糖のシロップを注ぎ、柚子の皮を散らします。柚子の香りがほのかな柚子大根の出来上がり。他にも大根キムチ、大根と人参の甘醤油漬け。せっせと仕込む冬の味です。

今日はお手伝いに来ている男の子に、「人参、大根料理だったら何が好き?」と質問してみました。

「うーん、ぼくは人参だったらグラッセかな!」

おお、グラッセ! 小学校の家庭科の授業でしか作ったことがないかも......。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.