くらし情報『バレンタインデーに知る、いろんな愛のかたち』

2015年2月13日 19:15

バレンタインデーに知る、いろんな愛のかたち

みんなかけがえのないオンリーワンの存在。いろんな人がいることを知ってほしい。お互いを理解しあって暮らせる社会になってほしいですね。 

と語ったのは、はるなさん。自分らしさを押し殺してきた子ども時代を振りかえりながら、これからの社会の変化へ期待をにじませます。

法整備の必要性
松中権さん

見えないマイノリティであるLGBTは、じつはとても身近な存在です。
LGBTを多様な存在として認め、いまある制度を見直していくことが大切だと感じています。

と、法整備の必要性を訴えるのは松中さん。LGBTが社会生活を送るうえで、まず障壁となるのが法制度の問題。日本では同性間のパートナーシップに法的保障がありません。長年連れそっていても共同財産の相続権がない、公営住宅に入居できないといったケースが往々にしてあります。男女の夫婦が当然のように享受する権利を、LGBTは受けることができないのです。 

動きはじめた自治体
一方、セクシュアルマイノリティの人権を守ろうと動きはじめた自治体もあります。たとえば、渋谷区。来月、全国ではじめて同性のカップルを「結婚に相当する関係」と認める条例案を区議会に提出します。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.