くらし情報『健やかに美しく。春先の不調は「花びら薬膳」でケア』

2015年3月26日 23:45

健やかに美しく。春先の不調は「花びら薬膳」でケア

健やかに美しく。春先の不調は「花びら薬膳」でケア

漢方医学の世界で、春は「肝」という臓器がバランスを崩しやすい季節といわれています。肝のバランスが崩れると自律神経の働きが乱れ、気持ちが不安定になることも。春にイライラしやすいのはこのためです。

不安定な状態を改善するため、古くから生薬として花びらが用いられてきました。美しい花びらには、リラックス効果や精神安定効果をはじめ、美肌、美容効果があるといわれています。花びらは、肝を整えるだけでなく、美しさやアンチエイジングにも効果が期待できるとか。

花びら薬膳を体験
花びらを用いた薬膳料理をいただけるイベントが開催されます。それが、4月4日に原宿で行われる「漢方キッチン」の阪口珠未(さかぐちすみ)先生監修の「薬膳さくらまつり」。薬膳をより身近に体験できる催しです。

花びら薬膳の試食会では、さまざま花弁をもちいた料理が。

左:紅花とあさりの薬膳パエリア右:ナルコユリと金針菜のダブルリリースープ

クマ、シミ、くすみへの効果が期待できる「紅花とあさりの薬膳パエリア」や、心のイライラを落ちつかせ、お肌をしっとりさせる「ナルコユリと金針菜のダブルリリースープ」。

左:菊桑茶右:バラの花のケーキ

楊貴妃と西太后がお気に入りだったというバラの花を使ったケーキもいただけます。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.