くらし情報『別府で出会ったものづくり。甲斐みのり「コンフォート雑貨のある暮らし」』

2015年3月19日 23:15

別府で出会ったものづくり。甲斐みのり「コンフォート雑貨のある暮らし」

別府で出会ったものづくり。甲斐みのり「コンフォート雑貨のある暮らし」

源泉数・湧出量ともに日本一を誇る別府温泉。別府市内には、鉄輪温泉や明礬温泉など、泉質や趣が異なる8つの温泉郷が分布し「別府八湯」と呼ばれています。

「spring」展の会場、スピカの様子。什器の古道具も販売しているものが多いです。

そんな大分県別府市で、3月9日~3月31日まで、展覧会を開催中。メンバーは、東京と別府を行き来しながら出版・広告の分野を中心に活動をおこなうイラストレーターの網中いづるさん、大分県杵築市の工房「wakako ceramics」で作陶をおこなう陶芸家の坂本和歌子さん、フレンチアメリカンがコンセプトで代々木上原に所在するセレクトショップ「THE M.B」のオーナー兼バイヤーの坂内麻里子さん。そして、文筆家の私。職種の異なる4名で、合同企画展をおこなうことに。会場は「SPICA」という、雑貨と古道具の店。

坂本和歌子さんの器に、網中いづるさんが絵付けした「spring」展のための作品。私が考えた言葉を、器の名前に。この3つは、私が購入したものです。

温泉を英語で表すと「hot-spring」。それから、会期が春のはじまり、3月ということで、展覧会名を「spring」

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.