くらし情報『カラダを冷やす意外な食べもの【あるベジタリアンの食卓】』

2015年3月29日 12:45

カラダを冷やす意外な食べもの【あるベジタリアンの食卓】

カラダを冷やす意外な食べもの【あるベジタリアンの食卓】

豆乳や豆腐、油揚げ、厚揚げなどの大豆製品はヘルシーで体によさそうなイメージがありますが、マクロビオティック的にもアーユルヴェーダ的にも体を冷やし、消化しにくい食べ物とされています。

菜食を始めて体が冷えるなど体調が悪くなる原因のひとつとして、肉の代わりに「畑の肉」であるこれらのものを常食することがあるのではないかと思っています。日本の伝統的な食事では、大豆製品はハレの日のもので常食するものではなかったそう。また、これらの大豆製品には生姜を添えますが、これは生姜が体を温め、消化を助けてくれるから。

ベジタリアン生活を始めた頃、タンパク質をとらなければならない、と思い込んで大豆製品をせっせととっていた時期がありました。その頃は体も冷えていたし、なんとなくだるかったり、体が重かったり、朝起きられなかったり。この症状と大豆製品との関係性はアーユルヴェーダでもマクロビオティックでも説明できるのがおもしろいところです。今では豆乳は嗜好品としてとる程度、大豆製品も味噌などの発酵したもの以外はたまにとる程度です。

いろいろな食事法や健康法がありますが、根本的なところは同じことを言っている場合が多いなと感じます。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.