くらし情報『お鍋で蒸すだけ、一汁二菜が同時に作れるジャー活用術』

2015年6月26日 20:45

お鍋で蒸すだけ、一汁二菜が同時に作れるジャー活用術

お鍋で蒸すだけ、一汁二菜が同時に作れるジャー活用術
404ページ | MYLOHAS
冷蔵庫でつくりおきできるサラダとして爆発的に人気になったジャーサラダ。詰めるだけとかんたんなのに見た目にもかわいくできるので、毎日の定番になっているという声も聞きます。

材料を詰めてお鍋で蒸すだけ
ジャーをつかってもっとかんたんに料理ができないの? という疑問に答えてくれたのは、ジャーサラダ研究の第一人者で料理研究家のりん ひろこさん。彼女が提案する新しいジャーのつかい方は「ジャースチーム」。

ジャーに食材を入れてお鍋に並べて蒸すだけで、一度におかずもごはんも汁ものまで作れてしまうという画期的なアイデア。

たとえば、キーマカレーとサフランライスに野菜スープ。これを2人分つくるには、通常お鍋とフライパン、あとは炊飯器も必要なはずです。

ジャースチームなら、250mlのジャーをひとつ(カレールー用)、500mlのジャーをふたつ(サフランライス、スープ用)用意して、あとは蒸すためのお鍋をひとつ使うだけ。材料を順番に詰めて、お鍋に並べて、ものにより30~40分程度蒸して、あとは混ぜるだけでできあがります。

<基本レシピ>

1. ジャーに材料を詰める
2. 水をはった、 鍋に入れる
3. 30~40分スチーム※途中、 混ぜる作業が必要なレシピあり
4. できあがり

調理も保存もジャーは一石二鳥
「一日で食べきる量をつくるのもよいのですが、パスタソースや常備菜をつくるとスチームしたあと粗熱をとって、そのまま冷蔵庫に保存できるので便利です」

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.