くらし情報『気鋭のフランス女性監督が描く、田舎に集まった親戚たち』

2015年7月16日 12:15

気鋭のフランス女性監督が描く、田舎に集まった親戚たち

「親戚の子どもたち」の世界も興味しんしん
ストーリーの主人公は、あるイケてない娘。彼女の目から描かれているのもまた、作品の面白さのひとつ。子どもたちにとっても「親戚の集い」というのは、親が無防備になるのでいつもより自由になれるいっぽうで、「親戚の子どもたち」という「友だち」とは違う子どもの世界にいきなり放り出される、不思議な体験。

価値観の違いにうんざりする感じと、開放的になって、行動が大胆になるようなドキドキ感が混ざる気持ちを、主人公の少女に重ねるのもまた、懐かしいような気持になれるのです。

「いいエピソード」などをあえて盛り込まず、平板に思えそうな構成ですが、まったく飽きずにむしろ胸に残るのは、実は監督によって計算しつくされた結果なのかなと思います。

上映は3日間ですが、毎日トークショーも予定。上映場所の「エスパス・イマージュ」もフランスの雰囲気たっぷりなのがいいですね。

[フレンチ・フィーメール・ニューウェーブ]
上映期間:7月17日(金)~7月19日(日)

会場:アンスティチュ・フランセ東京「エスパス・イマージュ」(飯田橋)

料金:一律800円

上映作品:いまもっとも注目されるフランスの女性監督たちによる3作品を紹介

『グッバイ・ファーストラブ』2011年監督・脚本:ミア・ハンセン=ラブ

『スカイラブ』2011年監督・脚本:ジュリー・デルピー

『ベルヴィル・トーキョー』2011年監督・脚本:エリーズ・ジラール

(c)

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.