くらし情報『天然の地下水と太陽の光で育つ「おひさましいたけ」。永島農園(神奈川)【やさいの現場】』

2015年7月24日 20:45

天然の地下水と太陽の光で育つ「おひさましいたけ」。永島農園(神奈川)【やさいの現場】

栄養分がなくなり小さくなっている。

「実はシイタケには品種があります。こっちはトネ、あっちはアカヤ。見た目はほとんど同じですが(笑)」。たしかにどこが違うの? 素人にはまったく違いがわかりません。

「スーパーに並んでいる品種は大きくて形がよいのが多いです。でも僕はおいしいシイタケを作りたいので香りや味、うまみにこだわって品種を選んでいます」。

安心して食べられるように殺菌剤、農薬を使わない。「洗うとうま味も流れてしまうのでぜひ洗わずに食べてほしい」。

「おひさましいたけ」のように健康的でさわやか男子の永島さん。シイタケを熱く語る姿からは元外資系銀行員の姿が想像もつきません。なぜシイタケ栽培を?

「結婚したい人がたまたま農家の娘さんでした。彼女に『結婚する人は一緒に農業をできる人』って言われて。農業? って思ったけれどそれでも結婚したかった。それで彼女の実家の永島農園を継ぐ前に千葉の農業団体で3年間研修をしました。研修先は野菜、くだもの農家などいろいろでした。あるときシイタケの農家さんのところで穫れたてのシイタケをその場で焼いて食べさせてもらって。びっくりしたんです。シイタケってこんなに美味しいんだって。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.