くらし情報『ひとり、珈琲をいれる時間【根本きこの島ごはん】』

2015年8月11日 23:15

ひとり、珈琲をいれる時間【根本きこの島ごはん】

ひとり、珈琲をいれる時間【根本きこの島ごはん】

この潜水服の頭みたいな道具は、珈琲を煎るためのもの。

珈琲の生豆を、ぽっかりと開いた穴に入れ、ガス火にかけてシャカシャカ揺すりながら焼く。シャカシャカと左右に、そして上下に。

まるでマラカスのようにリズミカルに約5分ほど振っているうちに、シャカシャカな響きもだんだん乾いた音になってくる。豆の水分が飛んできた合図だ。

そのまま好みの焼き色になるまでたえず振り続け、全体に豆が焦げ茶色になったらざるに上げて、「ふー」っと息を吹きかけ珈琲かすを飛ばす。オーガンジーのような薄皮がふわふわっと散らばって、こんがり煎りたての豆がその姿をあらわに......。

そこで1粒カリッと味見。

粗熱がとれた豆をミルでガーッと挽いて、フィルターに詰めてお湯を落とす。ポトポトと、おいしそうなしずくがビンに溜まっていく。ここまでが、珈琲を飲むための一連の作業工程。

「ただ珈琲を飲むこと」にたどり着くためには、 いくつかの条件が揃っていないといけない。

1.赤ん坊が寝た
2.仕事が一段落した
3.ひとり

自分のために珈琲をいれる。ずっと繰り返してきたことだけど、改めて、大事な時間だなぁ。

■ あわせて読みたい・大人の工場見学。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.