くらし情報『対等でいることがカギ。「謙虚さ」という、たしなみ』

2016年4月15日 21:45

対等でいることがカギ。「謙虚さ」という、たしなみ

目次

・どんな関係であれ、対等に
・心ある言動が謙虚さにつながる
対等でいることがカギ。「謙虚さ」という、たしなみ


年を重ねると、年下のお相手とコミュニケーションする場が増えてきます。たとえば部下や後輩であったり、子どもであったり。

「威厳」という言葉もありますが、振りかざすと品もなくなるもの。そこで逆に目上の立場であるからこそ、あえての「謙虚さ」が必要なのかもしれません。

どんな関係であれ、対等に

今、日本中で大ブームを巻き起こしている心理学者アドラーは、たとえ上司と部下の関係であっても対等であれと説いています。さらには子どもにも、人として対等に接するべきだとも。そしてそのような親子の姿をNHKの朝の連続ドラマ『とと姉ちゃん』で垣間見ることができました。

主人公の父親は、自分に威厳なんて必要ない。従わせている親も、従わされている子どもも幸せそうには見えないから、自分は対等に接したいと考えていました。そして言葉の通り、子どもたちに話す言葉は丁寧で敬意があり、その姿はとても美しいものでした。

では逆になぜ、威厳を振りかざす人の姿は美しく見えないのでしょうか。

心ある言動が謙虚さにつながる

そのヒントは『ことばの宝石箱』にありました。

「躾とは身を美しくする」とお話しましたが、やはり親自身が身をもって教えることが大切です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.