くらし情報『やわらかな表現がすてき。使いこなしたい大和言葉』

2016年5月26日 22:15

やわらかな表現がすてき。使いこなしたい大和言葉

目次

・感謝の気持ちを伝える言葉
・角が立つ言葉もやんわりと
やわらかな表現がすてき。使いこなしたい大和言葉


日本の言葉には外来語と大和言葉があります。外来語は外国の言葉を日本の暮らしに定着させようとした、いわば先人の努力の結晶。そして大和言葉はもともと日本にあった言葉です。

なかでも大和言葉のもつ繊細な言い回しを使いこなせると、言葉のセンスや表現力に磨きがかかります。

感謝の気持ちを伝える言葉

たとえば感謝の気持ちを表現するときも、「ありがとう」だけでなく、いくつかの大和言葉が使えます。

・「もったいない」

「惜しい」という気持ちの表現だけでなく、相手の行動が恐れ多いときにも使います。目上の人から褒められたときに、「いえいえそんな......。」と否定するより、「もったいないお言葉をありがとうございます。」と、言葉を受けとめつつ謙遜できればよりスマートですね。

・「いたみいる」

相手からの親切が心に痛いほどしみたり、恐縮するときに使います。たとえば目上の人から気配りをいただいたときは「お心遣いの数々、いたみいります。」と、奥ゆかしいながらもしっかりと感謝の気持ちを表したいものです。

・「この上もない」

「最高」や「素晴らしい」という意味で使われますが、「この上もない」という言葉を選ぶことでよりありがたみが伝わりそう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.