くらし情報『美しい海水をたたえる聖地、シャコタン・ブルー』

2016年6月24日 23:15

美しい海水をたたえる聖地、シャコタン・ブルー

160624shakotan5.jpg

神威岬の"カム"はアイヌの言葉で神という意。そのせいなのか、岬の岩肌はまるで生きているかのような表情をみせる。

ようやく岬の先端まで到着すると、眼下には、神威岩(かむいいわ)と大海原の果てにつづく地平線が広がります。

160624shakotan6.jpg

神威岬の先端から眺める神威岩と地平線。神威岩は悲しみにくれた乙女が化身化したと言い伝えられている。
ただただ、その景色の偉大さに感動し、みとれるばかり。

160624shakotan7.jpg

逆に岬から陸地を見れば、島国である日本を実感。普段、この島国で暮らしていながらも見ることのない「海から見た日本」に感動を覚えます。

宝石のような海を守るために

160624shakotan8.jpg


チャレンカの小道を歩いていると、この宝石のような美しい海をいつまででも眺めていたい、そんな想いが自然とわき上がります。

しかし、その景色のなかで、忘れられたように放置されたゴミが急に違和感となって目にとまりました。そして心に痛みを覚えました。

もし、日本中の人がゴミを一日ひとつだけでも拾ったのなら、この島国は、あっという間に変貌を遂げていくのではないか......。

でもそれは、誰に求めるものでもなく、自分が始めること。明日から少しでいい、無理をしなくていい、だからひとつずつ自分にできることをしよう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.