くらし情報『結婚するとかしないとか、自分で決めるからほっといて【キャメレオン竹田のゆるポジ化計画】』

2016年8月3日 12:15

結婚するとかしないとか、自分で決めるからほっといて【キャメレオン竹田のゆるポジ化計画】

目次

・あなたのためよ、は自分のため
・人が思っているのと自分の価値は違う
結婚するとかしないとか、自分で決めるからほっといて【キャメレオン竹田のゆるポジ化計画】


こんにちは、キャメレオン竹田です。今回は「30代女性、結婚するとかしないとか、自分で決める!」という話題でございます。

30歳を過ぎてくると、やれ結婚しないの? 相手はいないの? と周りがうるさくなってくることがあります。でも、結婚するとかしないとかは、自分が決めること、ほっといてよーと思いますよね。周りは、どうしてそんなに結婚を焦らせるのでしょうか?

あなたのためよ、は自分のため

親がよく言うフレーズとしましては、「あなたのためを思って言っているのよ!」です。なんだかわからないけれど......言われた方はプレッシャーにさいなまれます。

これって、冷静によく考えると、『あなたのため』ではありません(笑)。親自身が安心したいからです。または、世間体というのもあるかもしれません。もしくは、はやく孫の顔が見たいのかもしれません。表面上は、「あなたのためを思って言っているのよ!」ですが、心の声は、「わたしのためを思って言っているのよ!」です。

ですので、この言葉を言われたら、脳内で『あなたのため』を『わたしのため』に自動変換してしまいましょう。そうすることで、客観視することができますし、プレッシャーを緩和することができます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.