くらし情報『職人技が光る、滑らかに削る。中川政七商店こだわりのネイルケア』

2016年10月10日 18:30

職人技が光る、滑らかに削る。中川政七商店こだわりのネイルケア

目次

・時代を超えた美意識
・美しい爪になるためのメソッド
職人技が光る、滑らかに削る。中川政七商店こだわりのネイルケア


寒い季節には肌が乾燥してしまいますが、爪が割れやすくなるのも毎年の悩み。デコネイルに頼らず指先がキレイにお手入れしてあると、大人の女性の雰囲気もアップしそう。指先を美しく保つために、日常的に使える爪のケアセットを見つけました。

時代を超えた美意識

江戸時代から、ネイルケアは女性の身だしなみだったとか。そこで、江戸時代に創業した中川政七商店が、当時の美意識をヒントに爪を健やかにできるネイルケアセット「爪のお手入れセット 12,960円(税込)」(限定300セット)をつくりました。新潟県三条市で爪切りなど刃物の製造を手掛ける「SUWADA」と、トータルビューティーサロンを展開する「uka」の2社とのコラボレーションです。

「SUWADA」のネイルファイルは、熟練した職人の手仕上げにこだわり、 耐久性、軽量、削り心地の良さを備えた逸品。今回は、「奈良晒(ならさらし)」 を連想させる白の別注色でより上品な印象に。ネイルファイルの使い方で大切なことは、ファイルがブレないように親指の第一関節に当てて固定する、キューティクル(甘皮)のラインと並行に一方向に力を加える、あまり圧をかけず爪の上を滑らせるようなイメージ、の3点。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.