くらし情報『肩がガチガチ、ほぐしたーい! 夜のハーブ湿布浴』

2016年10月12日 22:45

肩がガチガチ、ほぐしたーい! 夜のハーブ湿布浴

目次

・手軽にできる湿布浴でセルフケア
・筋肉の緊張をほぐす効果があるハーブ「アルニカ」
肩がガチガチ、ほぐしたーい! 夜のハーブ湿布浴


PCに向かう時間が長いと、気がつけば肩が凝り固まっていることがあります。バスタイムにほぐすのはもちろんですが、夜まで待てないときは、セルフメディケーション発想から生まれたWELEDA(ヴェレダ)の「アルニカ バスミルク」でポイントケアするのもいいですよ。

手軽にできる湿布浴でセルフケア

PCやスマホを使用する時間が長くなると、肩はもちろんですが、手首や腕も疲れてしまいます。入浴で凝りをほぐし、疲労回復につとめるのは大切ですが、入浴できないことも。そんなときは部分浴もいいそうですが、さらに手軽なのが「湿布浴」です。やり方はとても簡単。

20161012_weleda_top.jpg


ヴェレダ アルニカ バスミルク200ml / 2800円(税抜)※2016年11月1日発売
<湿布浴のやり方>

1. 桶に40度前後の熱めのお湯をはり、アルニカ バスミルクを入れる
2. タオルを浸し、かたくしぼる
3. 冷え・凝りが気になるところにのせる

この3ステップでOKです。タオルが冷めたら、またお湯に入れて絞るというくり返し。疲れたなと思った時に、ちょっと湿布浴をする習慣をつけることで、凝りをためこまないセルフケアができるそうですよ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.