くらし情報『日本一危険な国宝、三徳山三佛寺「投入堂」に行く【前編】 #旅するデザイナーの冒険の書』

2016年10月27日 21:45

日本一危険な国宝、三徳山三佛寺「投入堂」に行く【前編】 #旅するデザイナーの冒険の書

日本一危険な国宝、三徳山三佛寺「投入堂」に行く【前編】 #旅するデザイナーの冒険の書


多くの建築家が「死ぬまでに行った方がいい」と鳥取県の三徳山三佛寺の奥院「投入堂」をあげます。この投入堂が建っている場所がすごいんです。断崖絶壁にひっそりと建っており、日本一危険な国宝とも言われ、いつ誰が建てたのかもはっきりわかっていない建物。「え、どうやって行くの? 」安心してください。

20161027_adventure_logo.jpg

私が「投入堂」まで行ってきたので、前編と後編に分けてたっぷり一部始終をお伝えします。

20161027_adventure2.jpg


鳥取空港から車で約50分。突如、三徳山の鳥居が見えてきます。

1027_adventure_3.jpg


入山するには必ず受け付けが必要です。

投入堂への入山はあくまでも観光ではなく「修行」とされており、決まった時間帯しか入山は許可されていません。冬季は封鎖されます。入山前に入り口では名前と連絡先を記入。「時間内に戻ってこなかったら捜索隊が出動しますから気をつけてください」と、ヒヤリとする一言が......。

そして、「六根清浄」と書かれた袈裟(けさ)を渡されます。足元を見られ「靴もダメですね」と言われ、手作り風な藁草履を履くよう指示が飛びます。スニーカーを履いてきていたけれど、それがダメならもはや何を履いていてもダメな気がする......と思いつつ、そこはぐっとこらえます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.