くらし情報『いざ日本一危険な国宝「投入堂」へ。断崖絶壁をよじ登って【後編】 #旅するデザイナーの冒険の書』

2016年11月10日 21:45

いざ日本一危険な国宝「投入堂」へ。断崖絶壁をよじ登って【後編】 #旅するデザイナーの冒険の書

いざ日本一危険な国宝「投入堂」へ。断崖絶壁をよじ登って【後編】 #旅するデザイナーの冒険の書


多くの建築家が死ぬまでに行った方がいいという鳥取県の三徳山三佛寺の奥院「投入堂」に修行にやってきました。「投入堂」前編に続き、いよいよ日本一危険な国宝へ挑みます。

20161027_adventure_logo.jpg

入り口からしばらく山道を歩くと、突如大きな壁が現れる。そう、壁を登るのです。

20161110_boukennosyo1.jpg


斜度は約80度といったところか。前を登る女性に「どうか落ちてきませんように」と祈りながら壁をよじ登ります。

20161110_boukennosyo2.jpg


木の根をつかみ、地球に助けてもらっている思いでよじ登ります。

20161110_boukennosyo3.jpg


永遠と続くこの斜度の壁。帰りはどうなるんだ、とかは後で考えることに。

20161110_boukennosyo4.jpg


な、何か見えた! ゴールかな!

20161110_boukennosyo5.jpg


突如鉄の鎖が! 怖すぎます。当たり前ですが誰も助けてくれません。

ゴールかと思ったのはまだ半分の位置にある地蔵堂。ここもまた断崖絶壁に建てられており、下を覗き込むとくらくらします。しかしものすごい絶景。昔の人たちは苦労して参拝をしていたんだなあと、しばし休憩。

201611110_boukennosyo6.jpg


20161110_boukennosyo7.jpg


次に観音堂と元結掛堂を横切り、大きな岩かげを回り込むと突如目的の投入堂が出現。

20161110_boukennosyo8.jpg


観音堂と元結掛堂

20161110_boukennosyo9.jpg


向こう側の山から槍のように突き刺したかのような「国宝」の立て看板

いつ誰がどうして建てたのかはっきりとわかっていない三徳山三佛寺。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.