くらし情報『野菜も時間も無駄なく。野菜上手の保存活用術【根菜類編】』

2016年11月16日 22:15

野菜も時間も無駄なく。野菜上手の保存活用術【根菜類編】

野菜も時間も無駄なく。野菜上手の保存活用術【根菜類編】


野菜は冷蔵庫の野菜室にいれておけば大丈夫だとおもっていませんか? じつはジャガイモ・里芋・サツマイモなどは低温に弱いので、冷暗所保存のほうが向いているとか。

根菜を無駄なく使いこなす

このように冬場は冷暗所保存できる野菜が多いので、まとめ買いしても野菜室がいっぱいにならずにすみますが、腐らせてしまっては本末転倒です。そこで冬場に欠かせない根菜類を、無駄なく上手につかいこなす方法をおさらいしてみましょう。

「ごぼう」
太さが均一でひげ根の少ないものが新鮮なあかし。包丁の背で皮をこそげとり、使いやすい大きさに切って5分ほど水にさらしてあく抜きをしてから、生のまま冷凍保存すれば、下処理が一度ですみます。

「大根」
首の青い部分と白い部分がくっきりしているものが新鮮なあかし。時間が経つとスが入ってしまうので、そのまえに使いやすい大きさに切って、生のまま冷凍保存します。もちろん大根おろしも冷凍保存も可能。使う時は自然解凍してから使います。

「にんじん」
にんじんの軸が太いものは繊維質が多くてカタいのだとか。肌がなめらかで、ツヤのあるものが新鮮なあかし。薄いイチョウ切りや細い短冊切りなら、生のまま冷凍保存しても使えるので、きんぴらや炊き込みご飯、汁ものをつくるときに便利です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.