くらし情報『はじめての地で遠い記憶に思いを馳せる【弾丸・熊野旅行 1日目】』

2016年11月21日 12:15

はじめての地で遠い記憶に思いを馳せる【弾丸・熊野旅行 1日目】

はじめての地で遠い記憶に思いを馳せる【弾丸・熊野旅行 1日目】


土・日・月の3日間があれば熊野三社に行けるのでは!?

と思い立ったのは夏の終わり。それから交通会館のアンテナショップ『わかやま紀州館』で「熊野に行きたいんですが」と相談したり ガイドブックを買い込んで研究する毎日。熊野についての知識はほぼゼロからのスタートでした。

そして迎えた当日! 気分は遠足前日の小学生。カメラとフイルムの準備を整えて、お菓子と水筒も持って、花金の夜行バスから旅ははじまりました。

20161121_kumano1.jpg

川下りを終えて川原家横丁の「むらたこ」さんでかき氷(みぞれ)をいただく。おいしい!

前日のうちに観光協会でガイドさんの予約をしておいたので、午前中は神倉神社~寺町~熊野速玉大社を巡り、歴史や神話についてお話を聞きながらてくてく。 昔の人はすごかったんだなぁ......と遠い記憶に思いを馳せます。ガイドさんの情報量の多さにはびっくりしたのですが「私の先輩の方がすごいのよー」ととっても謙虚。 ガイドさんは常に複数待機しているそうですが、日々勉強・研究をしているのだそうです、尊敬。

20161121_kumano2_2.jpg


市内散策が終わったあと「今ならまだ川下りに間に合うから」とガイドさんがテキパキと予約してくださり、午後は川下りにチャレンジ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.