くらし情報『沖縄でスケート!? サザンヒルで遊ぶ #根本きこの島ごはん』

2016年12月7日 22:45

沖縄でスケート!? サザンヒルで遊ぶ #根本きこの島ごはん

沖縄でスケート!? サザンヒルで遊ぶ #根本きこの島ごはん


私が育った那須高原の黒磯市は、冬は周りを覆い囲む連邦山脈からの北風が容赦なく吹きつけるため、そりゃーめっぽう寒い。ちなみに那須は栃木県。よく長野とか山梨とかに混同されるけれど、北関東の栃木です。

となると、ウィンタースポーツとして学校の課外授業に取り入れられるのは、スキーとスケート(80年代はまだスノボーはメジャーじゃなかった)。どちらに軍パイが上がるかと問われれば、私は即答で「スケート」だった。

理由は単純で、装備が簡単だから。靴さえ履き替えればすぐに滑れるし、何かと移動距離が少なくていい。それに比べてスキーはモコモコのスキーウェア(当時比)で防備し、ロボットみたいな靴を履いて重い板を担いで歩かなきゃならない。それがほんとに億劫で、隙を見てはロッジで油をうっていた。

さて、スケート。学校で行くスケート場は「塩原スケートセンター」という、名の通り塩原町にある施設だった。真冬のそこは、山に雪がかぶってまるで水墨画のような景色だった。だだっ広い氷面は天然に凍っていて、みな思いのままに滑っている。寒さは格別だけど、ひとりで誰もいない場所をシューシューと滑っては、目の前の作者なき名画に息を呑んだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.