くらし情報『運命かも。ずっと愛せる美と出会う、現代民藝のうつわ屋Quwan』

2017年1月5日 06:30

運命かも。ずっと愛せる美と出会う、現代民藝のうつわ屋Quwan

目次

・冷静と情熱を兼ね備えた審美眼
・Quwanらしさをオーナー夫妻に聞きました
運命かも。ずっと愛せる美と出会う、現代民藝のうつわ屋Quwan


大阪の中心地・なんば駅からほど近いところにあるモダン建築「新桜川ビル」に、作家ものや民藝の器を幅広くセレクトするお店「Quwan(クワン)」がオープンしました。

冷静と情熱を兼ね備えた審美眼

7年前にネットのみでスタートしたQuwanのオーナー三好久美子さんは、いけばな小原流准教授・全米ヨガアライアンス認定インストラクター・元ラグジュアリーブランド販売員という経歴の持ち主。その審美眼とセレクトセンスは鋭く、「それがなぜ美しいのか」をちゃんと理解して言葉で説明できる力を持っている方です。

「美しさの本質」を大切に、これからも在り続ける確かなものをご紹介したい。(Quwan)

161230_quwan_01.jpg

Quwanオーナーの三好夫妻

実店舗を構えることで、手にとって商品を選べるのはもちろん、作り手のところまで足を運んで直接話を聞くことでしか得られない知識もお持ちなので、食器の映える使い方やプロのお花の飾り方も存分に教えてもらうことができるようになりました。

Quwanらしさをオーナー夫妻に聞きました

底流に伝統があるからか、あるいは手仕事だからか、Quwanで扱う器にはどこか懐かしさを感じます。同時に現代のライフスタイルにもフィットする。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.