くらし情報『バリキャリから、畑へ、オーガニックに転身したワケ。大石リカ・デリシャスさんインタビュー【後編】』

2017年1月31日 22:15

バリキャリから、畑へ、オーガニックに転身したワケ。大石リカ・デリシャスさんインタビュー【後編】

目次

・子どもがいるから畑の中に住もう
・女の子なら起業させる
バリキャリから、畑へ、オーガニックに転身したワケ。大石リカ・デリシャスさんインタビュー【後編】


コンテンポラリー建築の世界で活躍しながらも、オーガニックの世界に転身した大石リカ・デリシャスさん。転身のきっかけを伺った前編。今回はリカさんの新たな活動と母として、1人の独立した女性としてのこだわりの生き方を伺います。

子どもがいるから畑の中に住もう

ーー子育てのためにとお仕事から離れて、もう一度、同じ建築の仕事を選ばなかったのはどうしてですか?

リカさん:建築の世界は、競争が激しく長時間労働は当たり前。夜の接待や根回しなど政治家のような仕事の部分もとても多いいんです。長男が4カ月になって仕事を辞めた時から戻れるとは思っていませんでした。ちいさな子どものいる環境でママも幸せに社会とつながり仕事になっていることって何があるだろう......。と随分考えました。

20170117_sugarorgnic2_3.jpg


年子の男の子達が2歳と3歳で、1日中ご飯のことや体験学習など遊びのことを考えているんですね。何をいつ、どう食べさせるともっと楽しいか、よろこぶか、もっとおいしい野菜はないか。それで、1日中調理して、レシピを考えて、のくり返しなら、畑の中に住んてでやろうと北海道に引っ越したんです。畑でできたものを食べて、味わって、学ぶということで、生活が成り立つなら、そうしようと。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.