くらし情報『空間が一気に和む。ゆらゆら紙と糸だけで作られた国産モビール』

2017年3月6日 07:30

空間が一気に和む。ゆらゆら紙と糸だけで作られた国産モビール

目次

・原材料は紙と糸だけ。日本生まれのモビール
・手軽に飾れ、癒し効果も
空間が一気に和む。ゆらゆら紙と糸だけで作られた国産モビール


日本では、まだあまり定着していないモビール。場所をとらないので、狭い住宅事情である日本でこそ楽しめるインテリアなのかもしれません。しかも、日本発の紙と糸だけで作られた新しいタイプのモビールなら、より素敵な空間が演出できそう。

原材料は紙と糸だけ。日本生まれのモビール

そもそもモビールは「動く彫刻」という意味で、北欧で生まれた主に子ども向けのインテリア。紐の先に棒がついていて、その両端にモチーフが吊り下げられているものが一般的です。私も、そのタイプしか見たことがなかったのですが、なんと棒がなく、紙と糸だけでユラユラと動くモビールがありました。

20170307_manumobiles_01.jpg

Happy Bubbles / 3,280円(税別)

それは、日本発の「Manu Mobiles(マニュモビールズ)」。「消費されていくものではなく、ずっと愛され続けるもの」と考えたら、金属やプラスチックが省かれ、紙と糸だけが残ったそう。しかも、棒がないことにより、それぞれのモチーフが一体感を増し、空間に溶け込んでいるようにも感じます。

印刷せず、色の異なる紙を貼り合わせて紙本来の風合いを残しているから、モチーフすべてがとてもやわらかい雰囲気。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.