くらし情報『「音楽を聴いてリラックスできる」は、本当?』

「音楽を聴いてリラックスできる」は、本当?

2018年6月11日 20:30
 

最近はカフェやレストランだけでなく、病院の待合室などでも音楽を耳にすることが増えてきました。実際の経験として「音楽を聴いて心が落ち着いた」と感じたことはあっても、その「音楽を聴いてリラックスできる」は科学的に証明できるのでしょうか?

医学博士・工学博士・薬学博士である藤本幸弘先生は、クラシック音楽に造詣が深く、演奏者や収録時期などによって、同じ曲のCDを何枚も聴き比べるほどの音楽マニア。自身のクリニックでもクラシック音楽を流しています。そんな藤本先生に、音楽が脳に影響を与えるメカニズムやおすすめの曲を教えていただきましょう。

音楽を聴くだけで、幸せホルモン“セロトニン”が出る

目次

・音楽を聴くだけで、幸せホルモン“セロトニン”が出る
・耳からの刺激は、脳にダイレクトに届く
・“ドーパミン”を放出できる音楽とは?
・クラシック音楽は、モルヒネの6倍以上の鎮痛効果も
・金曜の夜はゆるやかなテンポの曲を
shutterstock_435712963

古代ギリシアの“医学の父“ヒポクラテスの時代から、「音楽は薬」といわれてきましたが、そのヒーリング効果を科学的に解明できるようになったのは、近年になってからのこと。MRIを利用して、ヒトの脳の活動に関連する血流動態反応を視覚化できる、ファンクショナルMRI(fMRI)の登場によって、ようやく脳の活動を測定できるようになり、音楽を聴いたとき、ヒトの脳がどのような活動をしているのかが判明してきました。

「音楽が聴覚を刺激して脳に届くと、快楽ホルモンといわれる“ドーパミン”や幸せホルモンの代表格“セロトニン”など、さまざまな神経伝達物質やホルモンが分泌されることが発見されました。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.