くらし情報『マイナスモードになったときの対処法 #キャメレオン竹田からのラブレター』

2018年6月26日 10:30

マイナスモードになったときの対処法 #キャメレオン竹田からのラブレター

目次

・動いているほうが新鮮さを保てる
・泣ける映画で号泣もよし
・キャメレオン竹田おすすめの泣ける映画
20180626_loveletter

こんにちは、キャメレオン竹田です。梅雨で気分が塞ぎがちな人に向けて、欝々を晴らすヒントを書きたいと思います。

動いているほうが新鮮さを保てる

まず、冷蔵庫の話をしたいと思います。液体のものは、冷蔵庫のドアの棚に収納しますよね。調味料とか、牛乳とか、麦茶とか……。なぜ、ドアに収納していると思いますか? それは、冷蔵庫の扉を開くたびに動くからです。液体は、動いているほうが新鮮さを保つと言われています。

沼とかって、流れがないので、どんよりしていますよね。だけど、勢いよく流れていく小川とかって、とっても透き通っています。

私たち人間は、ほぼ水分です。梅雨の時期は、雨が降って、外出も億劫になりがち。すると、あまり動かなくなりますよね。そうすると……もれなく……どよ~~~~~~ん! です。身体と、精神は切っても切れない関係ですから、心もどよ~~~~~ん! となりやすいのです。

解決方法は、ずばり動く! です。億劫でも、傘をさして外出しましょう。なんとなく心がマイナスモードになったら、そこで考えこまずに外出してしまうのがおすすめです。

泣ける映画で号泣もよし

それでも、動くのが億劫な人は、泣ける映画を観ましょう。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.