くらし情報『怒りを上手にコントロールする6つの方法』

2018年9月22日 20:00

怒りを上手にコントロールする6つの方法

目次

・01.その場から離れる
・02.少しの間、その問題について考えない
・03.「絶対」「いつも」を避けて怒りをエスカレートさせない
・04.相手が何をしたかわかっていない、と理解する
・05.相手を責めず、自分のイライラについて話してみる
・06.相手を理解しようと努力する
shutterstock_1155969625

人間関係にイライラ、ムカムカ。怒りの感情はつきものです。怒ること自体は悪くないけれど、そのまま怒っているだけでは心がマイナスに行きがち。怒りをコントロールする6つの方法をご紹介します。

01.その場から離れる

shutterstock_1038026575

怒りを感じると、どうしてもヒートアップして相手を責めてしまうことも。まずは、その状況から自分を離れさせることが冷静さを取り戻すのが近道です。

テンプル大学フォックスビジネススクールの教授、ディアンナ・ゲッデス氏はこう相手に伝えることをすすめています。

「わたしは〇〇(怒りを感じている状況)に怒りを感じています。頭を冷やしてくるので、少し待っていてください。この状況を解消することは重要なので、戻ってきたら話し合いましょう」(「BUSINESS INSIDER JAPAN」より引用)

言うことをためらいたくもなりますが、そのまま激しく怒りをぶつけてしまうよりはよっぽど効率的。離れている間に頭を冷やし、相手にも怒りの事実を踏まえてもらった上で話し合うことができそうです。

02.少しの間、その問題について考えない

shutterstock_516046048

スタンフォード大学のエマ・セッパラ氏は、怒りの問題点は脳の感情中枢に火がついたことによって、論理的な判断を困難にすること、と説明します。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.