くらし情報『高血圧や認知症の一因に? ストレスが体に及ぼす30の悪影響<後編>』

2018年10月17日 05:30

高血圧や認知症の一因に? ストレスが体に及ぼす30の悪影響<後編>

コーエン医師いわく、コルチゾールが脂肪を燃焼させるよりも脂肪を体に蓄積しようとするからだそう。

また、ヘルシーではない食品がますます食べたくなってしまうので、下腹部により脂肪がつきやすくなります。

21. 肥満につながる

体重計

「中心性肥満」とメタボリック・シンドローム——高血圧、高血糖、腹部の過剰な脂肪、トリグリセリドとコレステロールの異常値を含む状態——には関連があると、コーエン医師が指摘しています。

そしてストレスがあると非健康的な習慣に陥りやすく、メタボリック・シンドロームになりやすいのです。「メタボリック・シンドロームは、不健康な状態を招き、早期心臓疾患の発生を増加させる」とコーエン医師。

22. 気分がふさぐ

考える女性

慢性ストレスはさまざまなかたちで気分に影響を及ぼす、とコーエン医師。「ストレスが続いている人は、必要以上に心配する、情緒不安定、集中力の低下、イライラし怒りっぽくなる、悲観的になるといった経験をするかもしれません」。

ストレスはまた、セロトニンやドーパミンなどの気分を左右する神経伝達物質の量にも影響を与えます。

23. うつ症状が悪化する

寄りかかる女性

気分障害で苦しんでいる人は、ストレスによって症状が悪化することに気づいているはず。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.