くらし情報『高血圧や認知症の一因に? ストレスが体に及ぼす30の悪影響<後編>』

2018年10月17日 05:30

高血圧や認知症の一因に? ストレスが体に及ぼす30の悪影響<後編>

「一般的な不安障害、パニック障害、うつなどの気分障害はすべて、ストレスが引き金になったり、ストレスが続くことで悪化したりする場合があります」とコーエン医師。

24. 発作が起きやすくなる

ひたいに手をやる女性

「慢性ストレスは発作閾値を下げるため、発作が起こりやすくなる」とフレンケル医師。

ある研究では、強烈なストレスまたは慢性ストレスが、てんかんの患者にとってもっとも一般的な発作の引き金だとわかりました。

25. 認知症の一因となる

認知症

中年期の高いストレスのレベルと、のちの人生で認知症になる割合が高くなることには関連性が示されている、とフレンケル医師。

中年期に著しくストレスにさらされてきた女性は、認知症を発症するリスクが65%も高まったという研究もあります。

26. 傷が治りにくくなる

絆創膏貼る女性

心理的なストレスが傷の治りにマイナスに影響することがあると、フレンケル医師は指摘しており、いくつもの科学的研究もその可能性を示唆しています。

ストレスが血液中の決まったホルモンの量を増やし、傷の治りを助けるサイトカインの放出を遅らせるためです。

27. 2型糖尿病のリスクが高くなる

血糖値測る女性

ストレスによるやけ食いは、血糖値を高め、続いてインスリン抵抗性を引き起こすことがあります。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.