くらし情報『死を恐れていませんか? | 禅僧のおことば 21』

2018年10月21日 07:20

死を恐れていませんか? | 禅僧のおことば 21

禅のことば

死んだあとの経験を語ってくれる人は誰もいません。それが未知であるからこそ、人は恐怖を覚えるのでしょう。

道元禅師の『正法眼蔵』の中に「生死(しょうじ)の巻」という巻があります。そこには薪と灰のたとえが記されています。薪のときは薪としての存在があって、灰になれば灰としての存在がある。つまり薪と灰はまったく別世界のものである。どちらも絶対的な存在であるのだと説いておられる。

道元禅師が教えていることは、生きているときにはいたずらに死を恐れず、ただ今生きているということのみに目を向けなさいということなのです。今生きていることに感謝し、やるべきことを必死になってやっていけばいいということです。

book_1-20

曹洞宗 徳雄山 建功寺の住職・枡野俊明さんによる著書「人生でいちばん大切なこと」。読むと心がすっと軽くなる、そして気持ちがきゅっと引き締まるこの本から、一日一言をお届けします。【出典】
「人生でいちばん大切なこと 死ぬとき後悔しないために」
枡野俊明
(廣済堂出版)

30日間の禅僧のおことばをもっと見る

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.