くらし情報『その人にとって、“生きる価値のある人生をつくる”が目標。精神療法「DBT」とは?』

2018年11月12日 20:30

その人にとって、“生きる価値のある人生をつくる”が目標。精神療法「DBT」とは?

(カーメルさん)

DBTはどこで受けられるの?

話し合う医師
image via shutterstock
医師がDBTの技能を身につけるにはたくさんのトレーニングが必要ではあるものの、広く普及しています。

受けられるのは、地域のメンタルケアクリニック、薬物乱用治療施設など、さまざまなメンタルケアの施設で治療を受けられます。

「境界性パーソナリティ障害には代表的な治療法ですから、多くの入院プログラムや部分入院プログラムで利用されています。そのため、相当に集中的な治療を受けられます」(カーメルさん)

DBTは次第に一般的な治療法になりつつあり、将来はさらに拡大する見込み、とカーメルさん。

「研究の面でも、利用しやすさの面でも、どんどん成長しています。さまざまな症状の治療に有効とわかるのにともなって、治療を受ける人が広がっていると思います。自殺行動の治療だけに終わらず、その人にとって生きる価値のある人生をつくることが目標です」

うつを知るために
うつ病の女性6人が語る、大変に思える日でも運動を続ける秘訣

「あなたはひとりじゃない」レディー・ガガが自殺予防のメッセージ

Leah Groth/What is DBT? Selena Gomez’s Therapy, Explained
訳/STELLA MEDIX Ltd.

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.