くらし情報『あなたは、内向的か外向的、どちら? 実際は、思っているより複雑です』

2018年11月13日 05:30

あなたは、内向的か外向的、どちら? 実際は、思っているより複雑です

ロビンソン博士いわく「いったん友情関係を築いたら、その友情の質に関しては内向的か外向的かで差はありません」。

リーダーシップを発揮する、コネクションを築くなど、私たちの社会は外向的なほうが適合しやすい傾向にありますが、かといって内向的であるのが悪い印象かといえば、そうでもないことも多いのです。「内向的であることを過小評価するきらいのある西洋文化では、外向的であることを過大評価しているのではないかと批判する人もたくさんいます」と、エデルスタイン博士。「しかし内向的であることについては、なんら問題はありません」

それどころか、内向的な人も優れた人間関係を築き、仕事でも大いに成功することもあります。外向的な人との唯一の違いは、会計士、エンジニアリング、執筆、長距離運転手といった、孤独な要素のある仕事により向いているということです。

外向的とは何か

会話する女性
image via shutterstock
どちらかといえば外向的だという人は、まわりにいる人々や物事から発するエネルギーを糧に成長する人です。

外向的に共通する特徴
  • 幅広い社会的ネットワークがある
  • 自分が注目の的になることを楽しめる
  • 声に出して考えがち
  • 決断が早い
  • 人に囲まれて元気をもらえる
  • 社交的、熱心、前向き
  • チーム主体のオープンな仕事環境で生き生きと活躍する
「外向的な人は、社会的なネットワークの中心にいる傾向が強い」

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.