くらし情報『あなたは、内向的か外向的、どちら? 実際は、思っているより複雑です』

2018年11月13日 05:30

あなたは、内向的か外向的、どちら? 実際は、思っているより複雑です

と言うのは、テキサス工科大学心理学部准教授のライン・シャーマン博士。「顔が広い人である場合が多いですね」

変化に直面したときどのように反応して、その変化を受け入れるのか、内向的か外向的かで違いはあるのかを調べた研究はありません。しかし外向的な人のほうが付き合いの輪が広いため、人生で何か大きな出来事が起きた場合、影響を受ける度合いに差があるかもしれません。

「誰かに慰めてもらいたい、助けが必要だという時に、外向的なほうが多くの人を頼りにすることができます」とシャーマン博士。「したがって何か一大事が発生した際には、一般的に内向的な人よりもたくさんのサポートを得られるのです」

仕事仲間
image via shutterstock
さらに、私たちの社会は外向的な人を受け入れる風潮が強いのです。「外向的な人のほうが、さまざまな形で社会にうまく適合できると言えますね」とエデルスタイン博士。「我々の世界は、ある意味、外向的な人向けにできているんです。人とつながる、仕事の面接に行く、デートをするなど、外向的なほうがあらゆることを楽にこなせます」

リーダーシップを発揮できる立場や、営業、マーケティング、PRといった人間中心の職業に外向的な人が多いのはこうした理由からです。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.