くらし情報『MYLOHASの編集スタッフが体感! まるで“着ている”装着感! 正しいザックの背負い方』

2018年11月6日 20:00

MYLOHASの編集スタッフが体感! まるで“着ている”装着感! 正しいザックの背負い方

目次

・登山用バックパック選びは「容量」と「サイズ」が重要
・“腰で背負う”から、半日歩いても疲れない
gregory_01

秋も深まってきて、トレッキングシーズン到来。見頃の紅葉狩りへ行きたい! と思っている方も多いことでしょう。

備えあれば憂いなし、というところであれもこれもと準備は万全が安心ですが、やはり登山道具の要であるバックパックだけはしっかりと専用のものを用意しておきたいところ。

そこで今回、編集部スタッフ(トレッキング初心者)がグレゴリーのトレッキングツアーに参加してわかった、正しい登山用バックパックの選び方とその実力をレポートします。

登山用バックパック選びは「容量」と「サイズ」が重要

gregory_002

登山用のバックパックといっても、その種類は千差万別。どうやって選べばよいのでしょうか?

「登山用のバックパックを選ぶ上で重要なのが、容量とサイズです」と語るのはグレゴリーの中島健次郎さん。容量の目安は、日帰りであれば25リットル前後、一泊(山小屋泊)だと30~50リットルと言われています。

グレゴリーのアンバー28
「アンバー28」19,440円(税込)容量:28ℓ、重さ:975g
今回、編集部が同行したトレッキングツアーはお弁当持参の日帰りコースでしたので、容量28リットルのグレゴリー『アンバー28』だと、室内にだいぶゆとりが出る感じでした。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.