くらし情報『スリープマスターが指南! マットレスは寝心地で選んではいけない』

2019年1月23日 22:45

スリープマスターが指南! マットレスは寝心地で選んではいけない

目次

・最先端マシンで体圧を測定
・快眠のカギは「体圧分散」と「寝姿勢保持」
tokyonishikawa_003
image via shutterstock
大谷翔平選手をはじめとするトップアスリートが信頼する、「東京西川」による寝具のパーソナルフィッティング。日々のパフォーマンスを高める寝具選びのコツとは? 枕のオーダーメイドをご紹介した前編に続き、後編ではマットレス選びを体験します。

最先端マシンで体圧を測定

tokyonishikawa_03-1

専門知識を持つスリープマスターがひとりひとりのネックラインや体圧を測定し、カラダにあった寝具を提案してくれる「東京西川」のパーソナルフィッティング。

今回も引き続き、「東京西川」の速水美智子さんがフィッティングを担当し、PRの武井千秋さんにぴったりのマットレスを選んでくれました。

まずは最先端の体圧分布測定器を使い、マットレスに横たわった状態で、全身の圧力のかかり具合を測定していきます。

tokyonishikawa_001

「体圧の状態をモニター画面でチェックしてみましょう。青、赤、黄色、緑と色がついていますが、青や赤はとくに圧力がかかっている部分です。人は腰の部分が一番重いので、合わないマットレスで寝ると、腰の部分に赤や青が多出やすいです。緑や黄色の部分が多ければ、体圧が分散されていると言えます」(速水さん)

圧力が集中するということは、眠っている間中、その部分の血流が圧迫され続けるということ。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.