くらし情報『くじけやすいセルフケア、ずぼらでも毎日続く7つのコツ』

2019年2月21日 05:30

くじけやすいセルフケア、ずぼらでも毎日続く7つのコツ

目次

・1. ノーと言う練習は大事
・2. 見届けてくれるパートナーを見つけよう
・3. 自分と周りを比較するのはやめよう
・4. 完璧は目指さなくっていい
・5. ポジティブな名言に浸ってみよう
・6. 自分の成功に気づいてあげて
・7. ルーティンが崩れてしまったときの対策も考えておこう
くつろぐ女性
image via shutterstock
セルフケアは人によってさまざまで、ショッピング、ジムに行くこと、朝のメディテーション、チョコレートを食べること、本を読むことなど……つまり、自分のために何かを行うことなので、気分を爽快にし、元気を取り戻してくれるものなら何でもいいんです。

とはいえ、面倒に感じずにご褒美として続けられる、日常的なセルフケア習慣を構築するのは難しいものです。途中でくじけずに、長く続ける方法を専門家に聞きました。

自分を大事にする「セルフケア習慣」のメリットは、こちらの記事で。

セルフケアを習慣づけする方法(前編)は、こちらの記事で。

1. ノーと言う練習は大事

話す女性

「女性の場合、家でも仕事でも、一日を通して何度も要求に応じて“イエス”と答えることが求められます」とスピリチュアルコーチのジョセフィーヌ・ハードマンさんは言います。

「セルフケアを実践するために重要なことのひとつとして、“ノー”と言えるようになる、があります。自分のエネルギー、スペース、活力源、健全な心を守るためです」

即座にイエスと答える前に、せめて少し考える時間を作ってください。自分のわがままかもと感じるかもしれませんが、「自分のことを最優先に考え、何にでもイエスと言ってしまう習慣を壊すことで、ほかの人に手を差し伸べるエネルギーや活力が湧いてきます」

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.