くらし情報『心理学者が教える、相手の浮気を見抜く8つのポイント』

2019年3月13日 20:30

心理学者が教える、相手の浮気を見抜く8つのポイント

目次

・1. 納得のいく説明もせずに、予定を変更する
・2. 突然、連絡がつかなくなる
・3. 性欲が減る、あるいは逆に増える
・4. 相手の友だちが、前のようにフレンドリーではなくなったような気がする
・5. 電話の習慣が変わる
・6. 明らかな理由もなく、急に外見を気にするようになった
・7. 普段よりも一緒にいることが減ったような気がする
・8. 言っていることと実際に起きていることの、つじつまが合わない
カップル

浮気に関して毎度ありがちなのが、“そういえば思い当たることがある”というもの。これまでそのサインはいたるところにあったのに、ただ自分が気づかなかっただけだった……と、浮気が明るみになったときに実感するのは、よくあることです。

でも浮気のサインというものは、それが肉体関係だけなのか、精神的なものなのかに関わらず、微妙なものであることが多いのです。

「パートナーに疑われないように、浮気をしている張本人は最善の努力をします」と言うのは、結婚生活のパートナーシップに関する著書もある公認マリッジ&ファミリー・セラピストのレスリー・ドアリーさん。

「浮気をしている人が一番重要視していることは、バレないようにすること。そして自分の行動に対処できるようにしておくこと。すべてが普通に見えるように、必死で努力をするんです」

それと同時に、パートナーに対しては、今までの信頼にもとづいて結論を導き出す傾向にあると、心理学者のポール・コールマン博士は指摘しています。つまり、相手を信頼していると、浮気の兆候は簡単に見過ごしてしまうのです。

今回は、相手が浮気をしているかもしれない兆候をまとめます。

1. 納得のいく説明もせずに、予定を変更する

お酒を飲む女性

多くの人は予定を立てて日々暮らしていますが、仮に予定を変更しても、ふつうは筋の通る理由があるものです。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.