くらし情報『年始の目標がそのままになってない? きちんと実現させる11の方法』

2019年4月4日 05:30

年始の目標がそのままになってない? きちんと実現させる11の方法

目次

・1. 月単位で目標を設定する
・2. 決意に理由をつける
・3. スケジュールに合った運動を選ぶ
・4. トレーニングカレンダーを作る
・5. 階段を登る
・6. 毎日、日焼け止めを使う
・7. マルチタスクで、より多くの動きを
・8. しっかりと座る
・9. 立っている時間を計画にいれる
・10. フィットネス仲間をつくる
・11. よい睡眠のために準備する
カレンダー
image via shutterstock
年初に目標を設定した人も多いでしょう。しかし、次はどう実現するかが大切です。目標は大きく掲げがちですが、一番いいのは、最初は小さいところから取り組んで、自分に合った形で進めることです。

「段階的な改善は積み上げていけば、とても強力です。1週間で1%改善できれば、1年間なら67%の改善です。すごくないですか」というのは、NASA認定のパーソナルトレーナーで、ロサンゼルスの「Arena Fitness」のオーナー、ジョナサン・アルザスさん。

また、「決心を固めたら、成功までやり遂げられるのはあなた一人だけだと肝に銘じてください」と、理学療法博士のユーマ・ゴールドバーグさんはいいます。

「研究によると、自発的なモチベーションのある人は、ひとつのタスクにこだわり、より多くの時間を投資し、よりよく進めようとします。他の人の“こうあるべき”を気にせず、あなたにとって一番重要なことに基づいて、決心してください」と、ユーマさん。

今回は、あなたが心に決めたことを、日常のルーティーンに定着させるための具体的なアイデアをご紹介します。

1. 月単位で目標を設定する

スケジュール

メリーランド州の認定パーソナルトレーナーのアンジェラ・キムさんによると、「夏までに体重を1kg落とす」

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.