くらし情報『もう悔やまないで。自分を許す6つのステップ』

2019年5月8日 20:30

もう悔やまないで。自分を許す6つのステップ

目次

・罪悪感が健康に与える影響とは?
・1. 自分の罪を分類する
・2. 自分の気持ちを知る
・3. 自分が何を望んでいるかを知る
・4. 非現実的な期待だと認める
・5. 自分の傷を認識する
・6. 「ストップ」ボタンを押す
女性

人生においては、誰しもが「あまり誇れないようなこと」をしてしまうもの。半月分の食費を新しいコートに使ってしまったとか、息子のサッカーの試合に大幅に遅れた、猫の鳴き声がうるさいので外に出したら、あっという間に車にはねられてしまったとか……。

自分を許すのは大変ですし、自分がしたことの半分でさえ、友だちや家族が知ったら絶対に許してもらえないだろうと思うかもしれません。でも、自分自身は全てを知っています。その厳然たる事実の重みが、あなたを罪悪感で縛り付け、恥ずかしさで打ちのめされそうになります。

どうやって自分を許せばいいのか。それを教えてくれるのが、スタンフォード大学「許しプロジェクト」のディレクターを務める心理学者のフレッド・ラスキンさん。許しに関する研究やワークショップを行い、妻を裏切った男性や両親を捨てた子ども、もっとひどいことをした人たちと一緒に問題に取り組んでいます。

そのラスキンさんは「自分を許すための最大の障害は、罪悪感」だと指摘します。

悔やんでいる間は、自分を許すことができない
「私たちは、間違ったことをしたから悔やむというだけではないのです」とラスキンさんは言います。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.