くらし情報『看病疲れを乗り切るために、ブリトニーが実践したセルフケアは?』

2019年5月10日 20:30

看病疲れを乗り切るために、ブリトニーが実践したセルフケアは?

目次

・ブリトニーの入院は看病ストレスが原因だった!?
・家族が病気になってしまったとき、精神的に受ける負担は?
・セラピストによる診断が大事
タイトル
image via shutterstock
ブリトニー・スピアーズが、メンタルヘルスケアの施設へ入院したと報じられました。闘病中の父親の看病によるストレスが原因とされています。

匿名の情報提供者が『ピープル』誌に明かしたところによると、父の看病をしていた「ブリトニーには、自分のための時間が必要だった」とのこと。

「お父さんが病気になり、彼女は大きな衝撃を受けました。父親が命を落としかけ、数週間前に別の手術も受けたんです。病状はあまりよくありません。とても仲がいいので、すごくつらかったでしょう。特にドラマチックな出来事があったわけではありません。ブリトニー自身が自分をケアする時間が必要だと気づいただけです」

ブリトニーの入院は看病ストレスが原因だった!?

ブリトニー
ブリトニー・スピアーズ
ブリトニーの父親であるジェイミー・スピアーズは、2018年に結腸破裂を起こし入院。その後、ブリトニーは無期限の活動休止を発表しました。「数か月前、父が入院し、生死をさまよいました」と、ブリトニーは1月にTwitterに投稿しています。「父が一命をとりとめたのはすごく嬉しいけれど、まだまだ回復までの道のりは長いです」

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.