くらし情報『頑張りすぎのあなたに捧げる「心の疲れをとる言葉」5』

2019年5月27日 05:30

頑張りすぎのあなたに捧げる「心の疲れをとる言葉」5

目次

・疲れているときこそ、セルフケアを
・1. 気持ちにまったく余裕がないときに
・2. 無力な気分になったら
・3. 不安になったとき
・4. 心配でくじけそうになったら
・5. もう少し自信をつけたいとき
瞑想

家族や仕事、さらにはソーシャルメディアにいたるまで、自分の外側の世界にあまりにも多くの時間を費やしている私たちは、心身を休めて自分の内面を省みる余裕がほとんどありません。

その結果、セルフケアを習慣づけることが至難の業に。でも、自分のための時間を設けるのは、人生でとても大切なこと。セルフケアをすることで、何事に対してもやる気が出て、自分の価値が大切に思えてくるはずです。

セルフケアを続ける秘訣は、自分のことだけに集中して、元気が回復するような習慣をつくることです。週に一度のメディテーションのクラスがそうだという人もいれば、月に2回のフェイシャルトリートメントのご褒美がそれだという人もいるでしょう。

疲れているときこそ、セルフケアを

でもセルフケアは、まったくお金のかからないシンプルな行為でもいいのです。「ちょっとした仕草をするだけで、ストレスが和らぐこともあります。不安ななかでも、自分の存在を感じ、自分をいたわるべきなんだと気づかせてくれるんです」と、ニューヨークにあるユニオン・スクエア・プラクティスのセラピストで臨床心理学博士のケイティ・クライマーさんは、かつて『Prevention』に語っています。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.