くらし情報『気がつきすぎて逆に疲れる、「繊細さん」がラクに生きるコツ』

2019年5月26日 20:00

気がつきすぎて逆に疲れる、「繊細さん」がラクに生きるコツ

目次

・繊細さは、生まれ持った“長所”
・繊細さんは、人よりも多くの喜びを知っている
・外界からの刺激を防ごう
・苦手な人には近づかないで
掃除
image via shutterstock
細かいところに気づき過ぎて仕事に時間がかかったり、機嫌が悪い人が近くにいると緊張してしまったり……。そんな様子が見られる人、身の回りにけっこう多い気がします。

そんな人は起きた物事に過敏に反応しすぎて、疲れ果ててしまうこともしばしば。それは、もしかするとHSP(とても敏感な人)なのかもしれません。

繊細な人がもっと自然体に、自分らしく生きるには、何に気をつければよいのでしょうか。

武田友紀著『「気がつきすぎて疲れる」が驚くほどなくなる 「繊細さん」の本』(飛鳥新社刊) には、繊細でストレスを感じやすい人が、繊細な感性を大切にしたままラクに生きる方法が書かれています。

「気がつきすぎて疲れる」が驚くほどなくなる  「繊細さん」の本

「気がつきすぎて疲れる」が驚くほどなくなる 「繊細さん」の本

1,300円

購入する

繊細さは、生まれ持った“長所”

カウンセリング

著者の武田さんは日本で数少ないHSP専門カウンセラーで、自身もHSPです。HSPの心の仕組みを大切にしたカウンセリングとHSP向け適職診断が評判を呼び、全国から相談者が訪れるのだとか。

そもそもHSPとは、アメリカの心理学者エレイン・アーロン博士が提唱したHSPという概念がベースになっています。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.