くらし情報『心理カウンセラーが教える「信頼を失った相手と復縁する方法」』

2019年5月31日 05:30

心理カウンセラーが教える「信頼を失った相手と復縁する方法」

目次

・信頼関係が壊れた原因は、はっきりしている?
・Step 1:すべてをさらけ出してみる
・Step 2:信頼関係を壊した側がまず謝る
・Step 3:「自分のことをよく分かってくれている」とパートナーが思えるようにする
・Step 4:信頼関係を壊してしまうような行動を見直す
・Step 5:その他にも、なにか改善できないかよく考えてみる
・それでも、うまくいかないときはどうする?
メンタル
image via shutterstock
「信頼は、人間関係の基盤」。もうそのフレーズは聞き飽きた……と思われるかもしれませんが、実に本質を突いていると言えます。

「信頼関係がなければ、そこには何も存在しないのと同じです。土台となるものがないのは、それはまるで、もろく崩れる波打ち際の砂と同じなのです」と、心理学者で、オリベットナザレン大学ヘルシー・リレーションシップ・センターの共同創設者でもあるレス・パロットさん。

つまり、一度でも信頼関係が壊れると、再びそれを取り戻すのは、そう簡単なことではないのです。それどころか信頼を失うと、関係そのものを続けることができるのかどうかも分からなくなります。

「もし相手を信頼していないのならば、相手との関係そのものが存在するのかどうか、今一度見直すべきかもしれません」と言うのは、デラウェアを拠点とするリレーションシップ・セラピスト、認定性教育者でヒューマン・セクシュアリティ博士号(DHS)を持つデボラ・ライーノさん。

信頼関係が壊れた原因は、はっきりしている?

浮気
image via shutterstock
「信頼関係を壊す原因はいくらでもありますが、あからさまではない“暗黙的”な原因か、はっきりした“明示的”な原因に分類されます。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.