くらし情報『禅僧が教える、心が折れやすくなるワケ。自己肯定感の正体とは?』

2019年6月1日 07:20

禅僧が教える、心が折れやすくなるワケ。自己肯定感の正体とは?

自分のことは好きですか? 不安に振り回されることはありませんか? それらのカギを握るのは「自己肯定感」というもの。

精神科医で禅宗の僧侶である川野泰周先生は、自己肯定感は誰でも必ず上げることができると言います。6月は、「自己肯定感を上げる方法」を、毎日ひとつずつご紹介します。

メンタルヘルス

自己肯定感とは、自尊心と似ているようですがまったく異なるものです。たとえば、社会的に成功している、収入が多いなど、「他者と比較して得られる優越感」から育まれるのが自尊心。

そうではなく、自分を認めてあげる、自分の存在価値を肯定してあげられる心が自己肯定感です。自尊心は失う可能性があるものですが、自己肯定感はそう簡単に失われることはありません。

自己肯定感が高くなると、不安に振り回されることがなくなります。心がしなやかになり、強くなります。人間関係で悩むこともなくなるでしょう。何より、自分を愛することができるようになります。

実は、日本人の自己肯定感は、先進各国の中で最低水準と言われています。自己を肯定できる若い人たちは、50%を切っているのです。自分を肯定できない=心が折れやすいということです。それは、「人と同じでいなさい」

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.