くらし情報『「自分はできる!」という感覚は、実は危険な落とし穴』

2019年6月2日 07:20

「自分はできる!」という感覚は、実は危険な落とし穴

プロジェクション

昨日は、自己肯定感とは何か、自尊心とは異なるものであることを説明しました。もうひとつ、「万能感」というものがあります。これは自己肯定感に似ているので注意が必要です。

万能感とは「自分はすごい!」「自分はできる!」という感覚です。確かに、自分を認め、承認しています。では何が違うのかというと、自己肯定感は“あるがままの自分”が見えているということ。

できることもできないこともあり、それが自分だと受け入れられるのが自己肯定感です。万能感はできる部分だけに光を当てています。自信をもって振る舞えるという点ではよい面もありますが、それはあくまでも一時的なもの。

自己肯定感というのは、自分の嫌いなところ、だめなところもいいところも全部平等に見た上で、自分を承認するという点で、ふたつは大きく異なるわけです。

30日間の「自己肯定感を上げる方法」をもっと見る
川野泰周先生

川野泰周(かわの たいしゅう)先生
臨済宗建長寺派林香寺住職/RESM新横浜睡眠・呼吸メディカルケアクリニック副院長。2005年慶応義塾大学医学部医学科卒業。臨床研修修了後、慶應義塾大学病院精神神経科、国立病院機構久里浜医療センターなどで精神科医として診療に従事。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.