くらし情報『アリアナ・グランデもPTSDで体に症状が。その治療法とは?』

2019年6月1日 05:30

アリアナ・グランデもPTSDで体に症状が。その治療法とは?

インスタグラム

そもそも、PTSDとは?

アメリカ国立PTSDセンターによると、「心的外傷後ストレス障害(PTSD)」とは、自然災害や自動車事故、レイプなど、心にひどい傷を負うような出来事を経験したり目撃したりした後に現れるさまざまな症状のこと。

とりわけ女性に多いのも特徴です。事実、すべての女性の半数以上が、少なくとも一生に一回はそのような忘れられない出来事を経験します。

こういった衝撃的な出来事は、脳に重大な打撃を与えます。精神医学・神経科学の専門誌『Dialogues in Clinical Neuroscience』誌で報告された研究によると、PTSDの人はストレスに対するコルチゾール(ストレスホルモン)とノルエピネフリン(ノルアドレナリンとも呼ばれる神経伝達物質)の反応が強くなって、脳の扁桃体(へんとうたい)、海馬(かいば)、前頭前皮質(ぜんとうぜんひしつ)といった領域が影響を受けるそう。そのため、MRIなどで脳をスキャンすると、このような領域が明るく映る結果に。

アリアナがいつ、どうして脳のスキャンを受けたのかはわかりませんが、最初にPTSDを誘発した出来事については、率直に話しています。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.