くらし情報『精神科医に聞いた、「自分を批判された」ときの対処法』

2019年6月8日 07:20

精神科医に聞いた、「自分を批判された」ときの対処法

頭の中

まず批判というのは、自分に非がなくても起こることがあります。たとえば、相手の機嫌が悪いとか、相手が勘違いをしているケースなどです。

一方で、結果的に言われてよかった、批判を受けたことで自分が成長した、ということもあります。自己肯定感が低い人の場合、言われた内容の本質よりも、自分が否定されている、自分が叱責されているということ自体に目がいってしまうのです。

まずは、相手の目線に立ってみましょう。相手に対しての「共感性」を持ってみるのです。共感性とは、「一理あるな」という、自分の学びの部分です。

単純に感情により批判をぶつけられている場合もありますから、このふたつは一緒にせず、批判の本質だけを見極めればよいのです。

批判している相手に対して敵意しか感じなくなるのは一番もったいないこと。そこには自分が成長できるタネがある可能性が、大いにあるのですから。

30日間の「自己肯定感を上げる方法」をもっと見る
川野先生

川野泰周(かわの たいしゅう)先生

臨済宗建長寺派林香寺住職/RESM新横浜睡眠・呼吸メディカルケアクリニック副院長。2005年慶応義塾大学医学部医学科卒業。臨床研修修了後、慶應義塾大学病院精神神経科、国立病院機構久里浜医療センターなどで精神科医として診療に従事。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.