くらし情報『ムードメーカーに学ぶ、コミュニケーションアップ術』

2019年6月13日 22:45

ムードメーカーに学ぶ、コミュニケーションアップ術

その分、自分の仕事の処理が遅れてしまうこともしばしば。ただ、周りからはすごく慕われています。

やっぱり周りの人たちは見てるんですね。たとえ自分の業務を犠牲にしても、周りに対するその親切心が、後々、自分に2倍、3倍と信頼として返ってくる。特に、役職が上の人ほど、やると成果はあらわれます。

社内の飲みにケーションで自分を売り込む

ムードメーカー

ムードメーカーは、自分のキャラが確立していて、社内でも浸透してます。それはなぜか?

よく観察してみると、社内の飲み会に積極的に参加して自分を売込んでいます。いわゆる社内営業もちゃんとやってるんです。

日中、社内で「私はこんなに優しい人」、「私はこんなに面白い人」と周りの人に伝えることは難しいですよね。そんなことを言う暇があったら、仕事しろよ! と普通は怒られます(苦笑)。

だから、仕事が終わってから社内の飲みにケーションに参加して、昼間は見せない自分の違った一面を、飲みながら皆に伝えています。最近、社内の飲みにケーションに参加したがらない人が増えてます。プライベートの時間を犠牲にしたくない!その気持ちもわかります。

これもまた、冒頭にもふれた自分のテリトリー以外の仕事はしたくない! と同じこと。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.